茨城県つくば市の葬儀社 セレモニーいおり

029-828-531124時間対応

代表のお役立ちブログ

つくば市 葬儀 四十九日を少し詳しく説明します

今回は四十九日につきまして少し詳しく説明してみたいと思います。

四十九日といいますと、

・ご逝去された日を含めて49日目にお坊さんに来ていただいて法要してもらう

・白木のご位牌から木製の本位牌に替えて魂入れをしていただく

・お墓をお持ちの場合は併せて納骨も行なう

以上のようなことは一般的に知られております。

今でこそ簡易的になりましたが本来は7日ごとに法要をして49日目には7回目の最後の法要を行っていました。現在は葬儀の後繰り上げて初七日法要という1回目の法要を済ませてしまうことが多いです。

 

ではこの四十九日は仏教的にそもそもどんな意味があり何をするためのものなのでしょうか?

仏教では亡くなった方が輪廻転生を繰り返しながら極楽浄土を目指すものとされています。

そして亡くなられて49日目に次の行き先が決まると信じられています。

行き先が決まるまでに7日ごとに7回の裁判を受けることになります。そこで残されたご家族が追善供養として

初七日から七七日まで故人様の裁判が有利になることを願って法要をするという事なのです。

つまり仏教的には人は亡くなった後誰でも極楽浄土に行けるわけではないのです。

 

それでは、7回の裁判について簡単にご説明をしていきます。

・初七日

最初の裁判は、故人様が三途の川に着くタイミングです。

不動明王によって生前の殺生について調べられます。

・二七日

2回目は、故人様が三途の川を渡った頃になります。

釈迦如来によって生前の盗みについて取り調べがあります。

・三七日

3回目は、文殊菩薩によって生前の不貞について調べられます。

・四七日

4回目の裁判は、普賢菩薩に生前嘘をついたかどうかの取り調べがあります。

・五七日

5回目は、地蔵菩薩、閻魔大王の登場です。ここで前の四王から引き継がれ続けてきた閻魔帳の中身や生前の行いを平等に裁いて、六道ろくどうのうちどこに輪廻転生するかが決まります。

・六七日

5回目の裁判で生まれ変わる世界が決定したので、今度は弥勒菩薩生まれ変わる条件が決められます。

・七七日

いよいよ49日目、薬師如来が最終判決を下します。この時、生まれ変わる時に男女どちらになるか、また寿命も決定されます。

 

以上が7回の裁判の大まかな内容です。

次に行き先である6つの世界ですが、

天道・人間道・修羅道の三善趣(三善道)、畜生道・餓鬼道・地獄道の三悪趣(三悪道)に分かれます。

そして輪廻転生によっていずれかの世界に行ってまた生まれ変わるというサイクルを繰り返すことになるのです。

 

以上が四十九日についての簡単な説明になります。参考にしていただけましたら幸いです。