茨城県つくば市の葬儀社 セレモニーいおり

029-828-531124時間対応

代表のお役立ちブログ

お清め塩のお話

今回のテーマは、お清め塩についてです。

通夜や葬儀の後の習慣として「お清めの塩」をいただきます。

古来死は穢れ(けがれ)と考えられていました。

そのため、葬儀に参列した際には穢れを自宅に持ち込まないように、自宅に入る前に葬儀場で手渡された塩を振りかけるといった慣習があります。

これには塩を身体にかけて身を清めるという意味があります。

因みにお店の入り口で見かける三角の形をした「盛り塩」も清め塩と同じ理由で置くようになったと言われています。

 

元々神道では死を穢れたものと捉えています。そのため、神道では家族が亡くなった際には一定の期間家にこもり、穢れが浄化されるのを待つ必要がありました。

また、葬儀に出席して、故人の死に触れた者も穢れているとみなされてきました。

そこで他の人に穢れが伝染らないように、葬儀の参列者の体を清めるために利用されたのが塩です。

 

一方、仏教では死を穢れの対象とは捉えていません。

死は身近にあるもので、しっかりと向き合い、生きていくために活かすという教えがあります。

そのため、仏式の葬儀では体を清める塩を用意しないケースも見受けられます。

特に浄土真宗の葬儀では、清めの塩を用いません。

人は亡くなったときに、浄土に生まれ変わる「往生即成仏」の教えがあるためです。

 

ただ近年はお葬式で小さな袋に入った清めの塩が会葬礼状と一緒に渡されることが一般的です。

また、身内であるご家族や近しい親族の葬式の場合には、お清めの塩を振らなくても良いとされています。

 

清め塩の使い方はは次の3つの手順になります。

1.清め塩をひとつかみ手に取り、胸→背中→足元の順に振りかけます。これは血の流れと同じ順番で邪気がその流れに乗らないようにするためです。

2.衣服についた塩をよく払い落とします。邪気のついた塩を家の中に入れないためです。

3.最後に払い落とした塩を踏んで邪気を断ち切ります。

 

もし、清め塩が残ってしまったらどうすればよいでしょう?

食用ではありませんのでお料理に使ったりせずごみ収集に出してください。捨てることに抵抗を感じる場合は「庭に撒く」「キッチン・トイレに流す」などの方法で処分してください。

 

ここまで清め塩に関することをご説明してきましたが実際に清め塩を使うかどうかはそれぞれの判断になります。

もしご使用になる場合は参考にしていただけましたら幸いです。

茨城県つくば市の葬儀社 セレモニーいおり

〒300-1274
茨城県つくば市上岩崎1752-4

029-828-5311

24時間対応

お問い合わせ

対応エリア

対応エリア

つくば市・牛久市・阿見町・
土浦市・龍ケ崎市・取手市・
つくばみらい市・守谷市