茨城県つくば市の葬儀社 セレモニーいおり

029-828-531124時間対応

代表のお役立ちブログ

自分が死んだら愛するペットはどうなる?

今回は高齢者のペットと終活について考えて見たいと思います。

 

高齢者の暮らしを豊かにしてくれる犬や猫などのペットですが、飼い主が高齢になるとトラブルも増加します。動物の世話をするのは肉体的にも負担がありますし、犬の場合ですと、えさや予防接種、トリミングなどしなければならないことも多く簡単ではありません。万が一のことがあったらペットが取り残されてしまうことになります。

 

飼い主の高齢化で起こるトラブルとして次の2つが挙げられます。

1.高齢化で世話ができなくなる

2.急な入院などでペットを預けることができない

 

まず、「高齢化で世話ができなくなる」についてです。

散歩をしたり、毎日の暮らしを共にしたりする中で、高齢者の生活がペットによって楽しく張り合いのあるものになるのは間違いありません。ただしペットの世話は決して楽なものではありません。

体力の衰えに伴ってペットの世話がつらくなってきたり、ペットを飼ってから世話の大変さに気がついたりする場合も見られます。

このような理由からペットを保健所や保護団体に引き渡してしまう高齢者も年々増えています。

やむを得ずということかもしれませんが、これは人間の身勝手ということになります。

 

次に「急な入院などでペットを預けることができない」です。

終活とペットの問題は、飼い主の急な入院や、亡くなってしまった場合にも影響が出ます。

ご親戚やご近所に預けられる場合は良いですが、誰しもそのような相手を持っている訳ではありません。

もちろんペットを一時的に預かってくれる「ペットホテル」がありますが、長期の入院となりますとその間の宿泊費は高額になってしまいます。

ペットを飼っていらっしゃる方の終活を考える上では、ご自身に“万が一の事”が起こった時愛するペットをどうするかを想定しておくことは大事なことだと思います。

 

それでは、上記の2つのトラブルを防ぐためにはどうしたらよいでしょうか?

ペット愛好家にとって犬や猫たちは家族同然の存在ですが、今の日本の法律では当然ながら人間ではありませんので、ペットは相続を受けられるものとして認められておりません。

しかし、間接的にペットに遺産をのこすことができる方法があります。

 

それは遺言書を使った「負担付き相続」です。

遺産を受け取る相続人に「ペットを世話する」という条件を付ける方法です。

そして「遺言執行人」を選定し、相続した人がきちんとペットの世話をしているかしっかりチェックをしてもらうことが可能です。この方法であれば飼い主が亡くなった後も愛犬・愛猫の暮らしを保証することができます。ペットの世話を怠っているようであれば遺産を返納していただくことになります。

※遺言執行人は、故人が指定した人が担うことになります。弁護士など外部に依頼することも可能です。

 

注意点として、遺産を受け取る=ペットの世話をする相続人は、この相続を放棄する権利も持っているということを覚えておきましょう。

自分亡き後のペットの世話は、信頼できる人にお願いするべきことに変わ

茨城県つくば市の葬儀社 セレモニーいおり

〒300-1274
茨城県つくば市上岩崎1752-4

029-828-5311

24時間対応

お問い合わせ

対応エリア

対応エリア

つくば市・牛久市・阿見町・
土浦市・龍ケ崎市・取手市・
つくばみらい市・守谷市