茨城県つくば市の葬儀社 セレモニーいおり

029-828-531124時間対応

代表のお役立ちブログ

生前葬について

今回は生前葬を取り上げてみたいと思います。

生前葬とは文字通り、まだご本人が生きているうちに行うお葬式のことです。

芸能人などの生前葬はニュースで取り上げられていますが、一般の方にはまだあまり認知されていないものと言えるでしょう。

 

もし生前葬を行うとして、そのメリットデメリットを考えてみましょう。

 

メリット

1.自由に楽しくできる

どこで行うか? 何をするか?誰を呼ぶか?などすべてを自分が自由に決めることができます。

決まったスタイルがないので、通常の葬儀のように段取りや作法にとらわれることがありません。

さらに、本人が生きているうちに行うので暗い雰囲気になりません。

自ら参列者に対し直接、今までの感謝を自分の言葉で伝えることができるのもメリットと言えるでしょう。

 

2.時間的制約がない

通常の葬儀の場合、遺体の安置や死亡届の提出など諸手続きに期限がありますので、準備や打ち合わせにあまり時間がかけられません。しかし、生前葬なら時間的な制約がないので、準備や打ち合わせを納得がいくまですることができます。

 

3.家族の負担を軽減できる

一般的な葬儀の場合は、ご自身は亡くなられているので、ご家族が葬儀社と打ち合わせをしたり、斎場やお花、料理、返礼品などの手配をします。

しかし生前葬の場合は、打ち合わせも手配も全て自分自身で行うことができます。

また、生前葬をしておけば、実際の葬儀は、例えばごく身近な方だけの家族葬にすることで時間的・金銭的負担を減らすことが可能です。

 

デメリット

1.周囲に理解をしてもらえない!?

今現在、まだ一般の方で生前葬を行うのはかなりの少数派だと思います。

生前葬そのものを知らない人も多いのではないでしょうか。

また認知していても、「不謹慎だ」といった批判的な意見を持つ人もいるかもしれません。

ご本人に生前葬をやりたいという意思があっても実現するには、ご家族などのご理解を得るのに時間と労力が必要になる可能性があります。

 

2.もう一度葬儀!?

実際に亡くなられると、ご遺体の火葬はしなければなりません。生前葬をしていてもどんな形にせよ葬儀をすることが必要になります。もしかしたらご親戚などのご意向で簡単な葬儀では済まなくなる場合も考えられます。

そうなると、家族の時間的・金銭的負担は減らせない可能性もあるでしょう。

 

以上生前葬のメリットデメリットを見てきましたが、まだ生前葬を一般の方がやるというのはややハードルが高いような気がいたします。

私の個人的な意見ですが、生前葬をやるよりも、お世話になった人たちに実際に今までの感謝の気持ちをお伝えする方法を考えられた方が良いのではないかと考えます。

コロナ禍のなか実際にお会いできないこともありますので、お手紙にしたりしてお伝えする。なにも生前葬にしなくてもお気持ちを伝えする方法はあると思うのです。

感謝するということは非常に大切なことですが、形にして伝えるのは難しいものです。

そこで、例えばエンディングノートに感謝を伝えたい人を書いてどう伝えるか、いつ伝えるか等を考えてみることも終活の一環でやる価値はあると思います。

 

当社ではご希望の方にエンディングノートを無料進呈しております。ご希望の方はお気軽にご連絡いただきましたら幸いです。